リフォーム施工例

明るさそのままに雨・雪の吹き込みを防ぐ木造の風除室 【小千谷市】

風除室 冬囲い 玄関囲い アルミ風除室 玄関風除室 高床 小千谷 リフォーム(エクステリアリフォーム)

お客様のご要望

高床式の住まいの階段~玄関ポーチ。
西からの風により、雨の日は床が濡れてしまいます。
また冬は雪が吹き込み足元が危険なことも。
「手作り」で工夫をしてシートを張って使用していましたが、
汚れてきたのと、出入り口の屋根から雨水が落ちること、
季節によってシートを脱着することの煩わしさから結局取付けたままで
いつも薄暗い雰囲気。
近所のお友達のお宅がアルミ風除室を設置したのを見て
同様にした場合の見積もりを依頼しました。

受注のキッカケ

冬を前にご相談いただきました。
急がずに雪の吹き込み方や、建物周辺の雪の積もり方などを
一冬注意して生活されるようお願いしました。
「やっぱり・・」や「こうしておいたら・・」のないよう
時間をかけていただきました。
既製品のアルミ風除室を加工して取付ける場合と
木で組んでサッシをはめ込む方法、それぞれのお見積りをし、
価格面と設計の自由度から木で組むことにしました。

施工のポイント

アルミ風除室の依頼をいただきましたが、
「開放的な部分も残せたら・・・」のご要望もありました。
落雪屋根のため、既製品のアルミ風除室の屋根は破損が心配。
出入り口横の外水栓、アプローチの消雪など、動かせない設備もあるので、
配置を検討し、オリジナルの風除室をご提案。
カラーブロックの基礎に木の柱を立て、アルミカラーの板金を巻きました。
上部はFIX窓、広い開口部は引き違い窓で、
吹き込み防止と通風、明るさを確保しました。
屋根はカラーGLで落雪による破損を防ぎ、出入り口上部には雨樋を取付け。
一部取り外した外壁はブロックと同系の明るいブラウンで合わせました。

施工例写真

  • 広いサッシで開放的な雰囲気。 広いサッシで開放的な雰囲気。
  • 上部はFIXで吹き込み防止。 上部はFIXで吹き込み防止。
  • ポーチの明るさも確保。 ポーチの明るさも確保。
  • サッシをはめて完成。 サッシをはめて完成。
  • 屋根葺き、
木の柱をGL巻き。 屋根葺き、
    木の柱をGL巻き。
  • 木軸組み。 木軸組み。
  • 屋根、シートを解体。
外壁の解体。 屋根、シートを解体。
    外壁の解体。
  • 施工前 施工前

物件スペック

地域名 小千谷市